読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小麦の粉

メルヘン系ブログ

ひっさびさに

更新。


もう花見から100日も経ったのか。

昔の記事見てたんだけどさ、アイマスの話してる時の俺めちゃめちゃ気持ち悪いね。内容云々ってよりも、口調が、喋り方がキモい。気をつけよう。



昨日床屋行ったんだけどさ

切ってくれたおねーさん(27.8くらい?)が結構話しかけてくる人で、お話させてもらったのよ。

その会話ってのが中々にコミュ力の低いものでさ、話聞いてる方はずっと作り笑い浮かべてて、どうあがいても最後には

俺「あー、ですよねー」

おねーさん「あー、うんうん」

で会話が終わって微妙な空気になるのよね。少しするとまたどっちが始めるでもなく会話が始まる。そして沈黙が訪れる。このサイクルを最後まで繰り返して、無事散髪は終了した。


いやさ、俺はいいんだよ。

沈黙が訪れようが会話してる方が寝てるよりよっぽど楽しいし、そもそも初対面の人と会話を長続きさせるなんてどんなにコミュ力高くても難しいしね。

でもさ、むこうからするとだよ。

途中で会話が止まる=会話がつまらない、自分の雑談力が足りない

なんていう勘違いをして、俺(客)に申し訳なく思ってもおかしくないじゃん。雑談力って理容師さんの必須スキルみたいなとこあるし。


で、そんなこと思われたら申し訳ないから俺も必死に会話を繋げようとするわけだ。必要以上に相手に合わせて会話をするわけだ。向こうもずっとそんなかんじなわけだ。


お互いがお互いのことを気遣って楽しいおしゃべりをしようとした結果、貼り付けた笑みで当たり障りのないことをしゃべってそれに同意し合う。みたいな最低レベルでつまらない会話を展開してしまったわけだね。なんたる皮肉。


僕はどうすれば良かったんですかね……