浮草日記

メルヘン系ブログ

すぐ気持ちなんて変わるんだから

aiko「プラマイ」より

one of those night(⇔perfect night)

眠い


ワインセラーとして働く自分を想像した時、今までにないような充実感がそこにあるような気がした
人生の形はひとつじゃないよね

戦うことは生きること、というのは
生きるからには戦わなくてはいけないという意味だと思っていたけど、生きるという状態にとって一番自然なのは戦っている状態であるということなんだと思った
戦うことは辛いこと、ではない可能性もあるんだねえ

stand up to the victory

21歳になりました


色々な形で祝ってもらい、とても嬉しかった

来週はフルーツパーラーに行くのだ



今までは「どう生きるか」ということについて悩むことが多かったけれど、最近は「どうやって生きるか」ということについてよく考えている


生きるというのは、ただ生きるだけでそれはもう大変なことだ


だからこそ、それを前向きに捉えたいなあと強く思うのです


強くなろうね

生きるということ

強くなければ生きられない


弱い人間は強い人間と対等になれないからだ


弱いならば強い者に虐げられればよい。気を遣われればよい。しかしそれらに耐えることもまた強さであり、その強さがない人間はどうしたってまともではいられない


強くならなければいけない


生きていきたいのなら


強くならなければいけない


生きていきたいのだから

もう少し月が綺麗だったら

月がもう少し綺麗だったら



今日は皆既月食だった
あとから知ったのだが、150年に一度のモノらしい

夜街に出ると、周りの人はみんな空を見上げていた

なんとなくふわふわした、特別な日なんだという空気に包まれた街

促されるように空を見上げると、ちょうど月全体が食われて真っ暗になったタイミングだった。薄く赤みがかった月は、なるほどたしかにいつもと違う姿だった

みんな月を見ていた

キャバクラの呼び込みらしきおねーちゃんも、酔ったサラリーマンの集団も、ホテルから出てきた中年カップルも

みんなが月を見ていた

みんながどこか幸せそうに見えた

僕は月を見るのをやめ、逃げるようにラーメン屋に向かった



就活は始まったばかりだ

aiko最強楽曲リスト

aiko最強楽曲リスト(2018/1/27)

 

 

・花火(桜の木の下)

・桜の時(桜の木の下)

・赤いランプ(秋 そばにいるよ)

アンドロメダ(暁のラブレター)

・キラキラ(彼女)

・シアワセ(秘密)

・milk(BABY)

・あの子の夢(BABY)

・向かい合わせ(時のシルエット

・君の隣(泡のような愛だった

・明日の歌(泡のような愛だった

帽子と水着と水平線

ワイシャツとヘアワックスと洗面台




今日友達と、その子の彼氏の話をしたんだけど

友達は、異性と二人で会って欲しくない派

その彼氏は、異性にも友達いるから許してほしい派

で、お互い譲らなくてもめにもめてるらしいという話だった



その話を聞いた時、ああこの人たちほんとに仲良いんだなって思ったんだよね


俺はそれで相手が離れたらまあそれまでだと思うからそういうの構わないし、それが正しいとさえ思う。相手の行動に制限をかけてまで関係を続けたって、なんの意味もないからね

結婚とかが絡んでくるとまた話は別だけど、少なくとも学生の恋愛なんてそんなもんでいいと思う


でも今日この話を聞いて、相手に堂々とお前が好きだからそういうのやめてくれ!って言えるのは、それはそれでいいなとも思った

束縛を肯定するんじゃなくて、束縛したいくらい好き!ってなんか堂々としてんなあって思った



でもこれその子が明るいからこんな感想なんだろうな。同じ話でも手首切りそうな子が言ってたらマジで引いてた


明るく生きようね